Topics

 令和2年1月20日、東京弁護士会の中の会派である法曹親和会の研修委員会が主催した冬期研修会「相続法改正」にて、冨永が中込一洋弁護士と2人で講師を務めました。
 第1部の基調講演では、前半のテーマを「遺産分割・相続の効力・特別の寄与」、後半のテーマを「遺言・遺留分・特別受益持戻し免除」と題して、相続法改正全般について広く解説し、第2部では、「配偶者の居住の権利」について対談形式で重点的に講義を行いました。当日は、たくさんの弁護士に受講していただきました。

 令和2年1月10日、葛飾区社会福祉協議会、葛飾区成年後見センター主催の終活講座が開催され、冨永がその講師を務めました。
 テーマは「元気なうちに考える成年後見制度」と題し、成年後見制度を中心に、遺言書の作成や家族信託等、終活において考えておきたいポイントについて詳しく解説しました。当日は、葛飾区在住の区民の方々が多数参加され、熱心に受講されました。

 令和元年12月14日、葛飾区社会福祉協議会、葛飾区成年後見センター主催の第2回「成年後見人等の集い」が開催され、冨永が一般社団法人成年後見センターペアサポートの代表理事として、講師の一人を務めました。冨永は、「後見活動における悩みや不安を解消しよう〜様々な事例から活動のヒントを得よう」と題し、基本的な成年後見人の活動から成年後見の最近の動向まで、具体的事例を交えて解説しました。参加者は区内にお住いの親族後見人などで、講演後は質疑応答の時間も設けられ、活発なやり取りがなされました。

 令和元年11月28日、世田谷区主催の第2回高齢者虐待対応研修が開催され、冨永は、「高齢者虐待対応における支援者の責務について」と題し、区や事務所の職員などに対して高齢者虐待対応の現状や問題点等について解説しました。講話後は、グループワークの時間が設けられ、冨永がチューターとして助言・指導しました。

 令和元年11月8日、TKC岐阜支部主催の研修会が岐阜市で開催され、冨永が講師を務めました。
 研修会のテーマは「相続法改正の要点と遺言書作成の実務」と題し、相続法改正に伴う実務への影響や遺言書作成時の留意点などについて、会員である税理士に詳しく解説しました。

 令和元年11月6日、東京都北区王子の北とぴあにて、北区社会福祉協議会権利擁護センター「あんしん北」主催の連続講座「今から考える、老い支度」が開催され、冨永は、この連続講座の1コマである「遺言のイロハ〜書き方から手続きまで〜」の講義の講師を務めました。講義では、自筆証書遺言の作成方法などを分かり易く解説し、たくさんの区民の方々が熱心に受講されました。

 令和元年10月28日、新司法修習課程である選択型実務修習として、東京弁護士会で実務修習を受けている司法修習生を対象に行われた選択型個別修習プログラムにて、冨永が講師を務めました。
 冨永は「成年後見事例〜事例からみた弁護士の後見業務〜」と題するテーマを担当し、具体的な事例を挙げながら、成年後見事務の法的課題等について詳しく解説しました。

 冨永が編著者の一人を務める「改正相続法ハンドブック」が三協法規出版から発刊されました。
 同書は、昭和55年の改正以来約40年ぶりの相続法大改正のポイントをわかりやすく解説し、法律実務家が留意すべき点をまとめた書籍で、東弁協(東京都弁護士協同組合)叢書に属するものです。

 令和元年9月24日、豊島区民社会福祉協議会「サポートとしま」主催の老い支度講座〜備えあれば憂いなし〜が池袋で開催され、冨永が講師を務めました。冨永は、「書いてみよう!想いを伝える❝遺言❞−もめない相続 上手なのこし方」をテーマに、遺言書の作成方法などについて詳しく解説しました。当日は70名を超える多数の区民の方々が参加し、熱心に受講されました。

 令和元年8月6日、船橋グランドホテルにて千葉税理士会船橋支部主催の研修会が開催され、冨永は「任意後見契約書の作り方」と題する研修会にて講師を務めました。当日は、たくさんの税理士の方々が熱心に受講されました。

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15

Access

【所在地】

東京都千代田区平河町一丁目7 番11 号
第二大盛丸平河町ビル3 階(MAP
冨永法律事務所
TEL: 03-3263-5441
    AM9:30〜PM6:00(月〜金)
FAX: 03-3263-5442

【交通】

地下鉄「半蔵門」徒歩3分、
「麹町」徒歩5分、「永田町」徒歩6分