Topics

 日本税理士会連合会は、成年後見人等養成研修を企画・実施していますが、全国の税理士が受講することができるように、研修用のDVDを作成して、DVDによる研修も行うことにしています。冨永は、その中で「支援者の業務〜法定後見〜」のコマの講師を務めました。収録当日は、スタジオでプロの技術者の指導の下、冨永がカメラに向かって約90分間、講義しました。

平成28年3月16日、群馬弁護士会館にて群馬弁護士会主催のホームロイヤー養成研修が開催され、冨永が講師を務めました。
当日は約50名の弁護士が参加し、冨永は、ホームロイヤー業務の内容や必要とされる知識などについて、経験談などを交えて解説しました。

平成28年3月5日、司法書士会館にて公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート主催のシンポジウム「成年後見実務における意思決定支援」が開催されました。
障害者権利条約が批准され、代理・代行決定に代わる意思決定支援が求められることになりましたので、成年後見実務にも大きな影響が及びます。本シンポジウムはこうした問題意識を受けて開催されたものです。冨永は、指定発言者として、この問題に対する意見を表明し、本シンポジウムを総括しました。

平成27年12月10日、練馬区の区民・産業プラザCoconeriにて開催されている「地域福祉パワーアップカレッジねりま」にて、冨永が講師を務めました。「地域福祉パワーアップカレッジねりま」とは、練馬区が地域福祉を担う人材の育成などを目指して設置した、常設の学びの場です。
冨永は、「地域福祉活動の現状と課題◆狙年後見制度〜」の授業を担当し、成年後見制度の概要と後見人の職務、実際の利用状況のほか、社会貢献型後見人の意義や必要性などについて詳しく解説しました。

平成27年11月26日、東京都文京区本郷にあるLMJ東京研修センターにて開催された、公益社団法人日本精神保健福祉士協会主催の第10回認定成年後見人養成研修にて、冨永が講師を務めました。冨永は「成年後見制度の概要」及び「成年後見人の基礎知識 廚裡温峙舛鮗け持ち、精神保健福祉士の方々に対し、成年後見制度などについて、詳しく解説しました。

平成27年11月24日、東京都北区の王子駅のすぐ近くにある北とぴあにて開催された、北区社会福祉協議会権利擁護センター「あんしん北」主催の連続講座(第3回講座)にて、冨永が講師を務めました。テーマは「遺言のイロハ〜書き方から手続きまで〜」と題し、参加された100名余りの市民の方々に、遺言書の作成方法などについて、わかりやすく解説しました。

 平成27年11月4日、飯田橋セントラルプラザにて開催された、東京都社会福祉協議会福祉サービス運営適正化委員会主催の専門研修会にて、冨永が講師を務めました。研修のテーマは、「過度な要求への対応について〜法律の観点をもって苦情対応を行う〜」であり、区市町村苦情対応機関その他関係機関の職員に対して、悪質なクレーマーに対応する対応策について弁護士の視点から解説しました。

平成27年10月24日、埼玉教育会館で開催された公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート埼玉支部主催の研修会において、冨永が講師を務めました。リーガルサポートは司法書士の団体です。冨永は、「医療同意権、保証人問題、後見人の監督責任」をテーマに、最新の議論状況を解説しました。

平成27年10月17日、御茶ノ水ソラシティアカデミアで開催された一般社団法人社労士成年後見センター東京主催の公開講座、「成年後見制度の普及促進法案の行方について」において冨永が講師を務めました。
この法案は、現在国会において自民党と公明党が中心になって、制定に向けて議論されている法案です。現行の成年後見制度が抱えている諸課題を克服し、少しでも多くの方がこの制度を有意義に利用することを目指しています。

平成27年10月16日、新宿NSビルで開催された東京都社会福祉協議会・利用者支援検討委員会主催の成年後見制度に関する研修会において、冨永が基調講演の講師を務めました。参加者は、主として福祉施設の職員が対象で、成年後見制度について分かりやすく解説しました。

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16

Access

【所在地】

東京都千代田区平河町一丁目7 番11 号
第二大盛丸平河町ビル3 階(MAP
冨永法律事務所
TEL: 03-3263-5441
    AM9:30〜PM6:00(月〜金)
FAX: 03-3263-5442

【交通】

地下鉄「半蔵門」徒歩3分、
「麹町」徒歩5分、「永田町」徒歩6分